最適な婚活を学ぶことは
成婚へつながる近道です。

失敗しない婚活の条件

婚活の失敗例と改善策

婚活がうまくいかない方が見落している失敗例として多く見受けられるのが、独りよがりな考え方や思いだけでお相手を選んだり、身勝手な行動を選択しまう事にあります。このような方は非常に視野が狭く、お相手の事を考えた対応や行動が出来ていない為、ミスマッチで終わってしまう事が多い傾向にあります。

まずは第三者の意見を積極的に取り入れて広い視野を持った上で、お相手の条件と自分の長所と短所を比べてバランスが合うかどうかを判断したり、自分が取ろうとしている行動が正しいのかどうかを検討してみましょう。

自分の理想と相手の希望条件が合ってない

自分が求めている理想像にこだわるあまりに、お相手の希望条件などお構いなしにアプローチしてミスマッチばかりを起こしてしまう方が非常に多くいらっしゃいます。お相手にも当然ですが理想の条件が存在している為、お互いのバランスがとれていない状態では空回りしやすい結果になります。

改善策

自分の理想ばかりではなく相手が何を求めているのかを理解する事も必要です。100%理想的な条件のお相手というのは中々見つかりにくい為、少しでも自分に合うところを見つける事も大事です。またお相手が求めている理想に近づける部分があれば、自分自身を変えていく努力も必要な場合があります。

最初からいつもの自分を出しすぎてしまう

お見合いの席での失敗の例としては、初対面なのにもかかわらず自分勝手な服装でお相手に会ってしまう事でしょう。男性であればジーパンやTシャツなど、女性であればパンツスタイルなどの軽装です。また、お相手の話をさえぎったり、自分の話ばかりで人の言う事を聞かず、自己主張が強い態度を取りやすい方などは、スムーズに交際に発展するケースが非常に少ないです。

改善策

服装に関しては、男性ではあればスーツやジャケット、女性であればワンピースなど、お相手に良い印象を持ってもらいやすい服装を心がけましょう。また会話に関しては、最後までお相手の話に耳を傾け共感姿勢と関心を示す事で会話が弾みやすくなり、お相手は自分の話を聞いて、理解してくれる人だとプラスの印象を持ちます。

交際中に結婚を決めきれない

交際に発展して順調にお付き合いが出来ても、婚活に失敗しているケースで多いのが、結婚に踏み切れずに交際が終了してしまうパターンです。結論を伸ばし伸ばしにして煮え切らない状態が続き、結局は決断が出来ないまま関係が冷え切ってしまいお相手から交際を断られるというケースも数多くあります。またお互いが忙しくて合う回数が少ない方も交際が終わってしまう傾向にあります。

改善策

結婚を決断する事は非常に大きな選択ではありますが、お互いを理解し合い、交際も順調なのであれば男性側がきちんと結論を出す事が望ましいでしょう。女性側がプロポーズを待っている事もあるので、ある程度交際が進んだ段階でお相手の気持ちを察する事も必要です。

コンシェルジュの適切なアドバイス

婚活が失敗する原因を自分で見つけたり、気付いたりする事は中々難しいものですが、アモーシェの専属コンシェルジュは出会いから成婚まで数多くの成功事例の経験・知識を持っており、客観的に失敗しやすい状況や傾向を見つける事が出来る為、お一人で婚活がうまくいかない事に悩んでいるあなたの良き相談相手となりえます。

お一人で悩むよりも、まずは経験豊富なアモーシェのコンシェルジュにあなたの現状を是非ご相談ください。

無料カウンセリング予約はこちら